motsunabe のレビュー

4.00 ボーイッシュで謎多き女の子の話 ロメオズ・ハート

2011年4月15日 12:49投稿

主人公のロメオはショートカットとパンツスタイルがよく似合う、ボーイッシュな女の子。
普段は高校時代の同級生が営むアクセサリーショップで働いているけれど、その背中には複雑な過去を抱えているようで……
丁寧な絵とさわやかなキャラクターに好感が持てる作品。いよいよロメオの謎に一歩踏み込みそうなストーリー展開にも期待。

5.00 極まる画力の無駄遣い KAZUKI!

2011年4月13日 04:58投稿

主人公が誰なのかわかった時点で吹き出してしまった。それで十分オチはついているような気もするが、とりあえず読んでみてほしい。とにかくあらゆるシーンで画力が無駄遣い…されてしまっている。
残念ながら長い間更新されていないが、それはそれでいいのかもしれない。でも続き待ってるからね★

5.00 二次パロエロギャグ、超下品。 週刊少年生理

2011年4月11日 05:54投稿

らき☆すた、けいおん!、はだしのゲン、アンパンマンその他いろいろ混ぜるな危険をやってしまった作品。
とにかくひどいんです、いい意味で。エッチでかわいいのにとにかくひどい。もうこればかりは読んでもらわなければレビューでは伝えきれない。いったいどこからこんなに下品で笑えるアイディアが出てくるのか。
下ネタで腹がよじれるほど笑いたい人におすすめ。

5.00 ベクトル真逆な女子バンド れくちふぁ!

2011年4月9日 01:17投稿

それぞれ性格も音楽性も別の方向を向きっぱなしの女の子たちがバンドを組んだらこんな化学反応を起こしました。そんな漫画。
音楽のことを知らなくても楽しめる。だからといって音楽まるで無視というわけではなく、バンド漫画として元ネタを知っていればさらに楽しめる。
ポップでデスメタルな彼女たちを見守っていこう。

4.00 ありそうでありえない日常 チイチイパッパ

2011年4月6日 07:32投稿

蛇口さんを筆頭に個性豊かな女の子たちの日常を描いた作品。
彼女たちにとっては日常なのだろうが、読んでいるこちらからすればまずありえないであろう非日常的なシーンがのほほんと続く、安定の4コマスタイル。
こんな子達が友達なら面白いだろうなと思わせてくれる。

4.00 オナニーに秘められたパワー SUPER オナニスト KEN

2011年4月5日 01:48投稿

どうせキモメンがオナニーするだけのギャグ漫画だろ?と思ってしまった人は非常に残念である。作者がねるエヌ先生である時点で、この漫画が普通ではないことは予想されなければならない。
ギャグ……には違いない(おなじみの台詞回しを笑わずに読めるはずがない)が、それをはるかに凌駕する背景がこの作品には隠されている。
読後はオナニーに対する意識が180度変わっているだろう。そう、オナニーにはパワーがあるのだ。
あ、お友達や女の子におすすめするときは十分気をつけてください。そういう危険物的な部分で★4つです。

4.00 人類には早すぎた奇作 おがんごの臭い

2011年4月3日 06:36投稿

「おがんごの臭いを知っているか?」という謎をメインにおいて断片的な読み切りを読ませながら、実は壮大(多分)なストーリーに読者を導くという手法をとっており、気づいた頃には読者は完全におがんごの臭いに取り付かれてしまうだろう。
個人的には★5つだが、人類には早すぎた漫画ゆえに万人に薦められないというか薦めたらこちらが変態だと思われてしまう可能性が高すぎる危険性を帯びているため★4つにとどめておく。とくに女の子に薦める場合は要注意である。
普通の漫画には満足できなくなってしまった人は一度読んでみてほしい。

5.00 ねらーなら外せない作品 やる夫漫画

2011年3月28日 07:47投稿

パッと見やる夫漫画系とまとめてしまいそうになるが、落ち着いてよく読んでほしい。
やる夫、やらない夫、やる実はもちろんやらない子(そんなのいたのか)やでっていう、阿部さんそのほか2ちゃんおなじみのキャラクターが勢ぞろいという超豪華キャスト。
やる夫らしいアホ臭い設定のストーリーはどこか懐かしくやはりアホ臭い。さらに二値ペンで描かれた漫画はワロスらしさを感じさせながらも驚愕のクオリティ。
ワロスや新都で漫画を読み描きする人にはぜひ読んでほしい。

5.00 眼鏡へのあくなき欲求 眼鏡戦争

2011年3月27日 05:36投稿

かつてここまで眼鏡に情熱を注いだ主人公がいただろうか。
彼は女の子に眼鏡をかけさせるためなら身の危険も顧みず、あまつさえ秘められた力を120パーセント発揮する。
なかなかのイケメンでありながら変態的なまでに眼鏡フェチであるため男女から好かれるキャラクターに仕上がっている。
被害者になる女の子たちはまさに十人十色。皆個性的でいてとてもかわいらしく、ワロスでの人気もかなり高い。
動きを感じる熱いバトルシーン、女子たちのムネキュンなワンシーン、テンポのいいストーリー。眼鏡フェチはもちろん、そうでない人にもおすすめしたい作品。